様々な電動工具の特徴について

色々な電動工具の特徴

工具を使おうTOP>色々な電動工具の特徴

電動工具

工具と同じように電動工具も種類は沢山あります。そしてそれぞれの電動工具によって使いかたも様々です。そんな電動工具の種類と特徴を見ていきましょう。

色々な電動工具の特徴

電動ドリル

木等に穴を空ける時にキリなどで手作業で穴を空けるとなるとかなりの時間と体力を消費してしまいます。そんな時にとても便利な電動工具がこの電気ドリルです。電動で回転しますので、素早く的確に穴を空ける事が出来ます。

この電気ドリルは、先のドリル部分を交換することも可能なので、空けたい大きさのドリルに交換すれば穴の大きさも自分で好きなモノを選べます。さらにこの電動ドリルは先のドリルをコンクリート用などの専用のモノに変えると、木だけではなく石やコンクリートと言った物にも穴を空ける事が出来ます。ですので例えばテラスを作りたいと考えた時に木とコンクリートの壁をボルトで固定したい時などにも大活躍してくれます。

丸ノコ

ノコギリでカットするのが大変な程厚い材木や沢山の木を切る時にかなり便利な電動工具です。手で使うノコギリとは違って丸いノコギリの刃がついているのも特徴的です。

この丸ノコはかなり色々な場面で活躍します。もちろん木を切る時にですが、これ自体にも刃の大きさでカット出来る幅が違いますので使いやすいモノを選ぶと良いかと思います。

そしてこの丸ノコを使う時に電源のコードがどこにあるのかをしっかり把握しておかなければなりません。作業中にコンセントから外れてしまう場合もありますし、コードに足を引っかけて転んでしまう事もあります。電動工具を操作している時に転んでしまうと大変に危険なので、注意しなければなりません。また自分で操作する丸ノコのコードを切ってしまう何て事もあります。そういったことが無いように十分に注意しましょう。

ジグソー

こちらも材木をカットする為に使う道具です。丸ノコと違う所は、こちらの方は直線的なカットだけでは無く曲線を描いたラインにも対応してカットすることが出来ると言うことです。丸ノコは刃を回転させて木を切って行きますが、ジグソーの場合には、刃を上下に動かして切っていきますので、より手でノコギリを使っている感覚と近いのでは無いでしょうか。しかし手ノコが奥から手前に切るのに対して、このジグソーは手前から奥に切って行きます。こういった部分にも違いがあると言えるでしょう。このジグソーも刃の切れ味が悪くなると交換することが出来ます。

電動ドライバー

専用のプラスドライバーやマイナスドライバーを先端に取り付けて使用することの出来る電動工具です。一個や二個程度のビスを取り付けるだけなら使わなくても良いのかもしれませんが、これが数十個・数百個となってしまうとかなり大変になってしまいますので、そんなときに役に立つ電動工具です。

Favorite

壁紙張替えに使う道具セットなら
http://www.rakuten.co.jp/kurosusyokuninkobo/
結婚式場 名古屋
http://www.dubonnet.jp/

Last update:2017/3/17

↑ページのTOPへ戻る↑

当サイトに記載されている情報は、できるだけ最新・確実なものを心掛けてはおりますが、その内容の正確性・安全性を保証するモノではありません。当サイトの情報を元にして行った行為において発生する、損害・損失・トラブルにつきましては一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。
2009 工具を使おう